子どもの視力の発達

小児のイメージ写真

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、明かりがぼんやりとわかる程度のものです。しかし、ご両親の顔を見つめたり、玩具で遊んだりしているうちに、視力は徐々に発達していきます。
また、視力の一つに両目で物体を見て遠近感を把握する能力(両眼視)というものがありますが、この能力は生後1年くらいまでに発達します。
そして、10歳頃になると視力は完成し、大人と同程度に見えるようになります。

気になることがあったら早めに受診を

視力が発達途上にある期間に、目に何らかのトラブルが生じると、視覚がうまく発達しなくなるケースがあります。
しかし、子どもは目に異常があっても、それを言葉では表現できません。目が痒い、痛いなどと言うことも無ければ、目が見えているかどうかについても語りません。片目だけが見えていない状態にあったとしても、日常生活には支障が起こらず、したがってお子様本人は何ら不都合を訴えないので、周囲の大人が気づいてやる必要があります。
お子様の目のことで、少しでも気になることが出てきましたら、早めにご受診ください。

こんな様子に気づいたらご受診ください

  • 瞼が開かない
  • 目が揺れるようだ
  • よく眩しそうに目を閉じる
  • 黒目が白かったり、茶目が灰色だったりして、目の色が不自然
  • テレビや玩具を極端に近づいて見る
  • 目を細めて物を見る
  • おかしな目つき(上目づかいや横目づかいなど)をする
  • 何かにぶつかりやすかったり、転びやすかったりする
  • 健診で精密検査が必要と言われた など