飛蚊症とは

飛蚊症のイメージ写真

飛蚊症とは、蚊が飛んでいるように見える症状という意味ですが、蚊のような虫以外にも水玉、黒いスス、糸くず、おたまじゃくし、輪などが見えることもあります。色も黒いものから透明なものまで様々で、数にしても1個から数個、時にはたくさん生じることもあります。これらは目を動かすと、目といっしょに動いて見えます。

飛蚊症の原因

本来なら透明な硝子体(眼球内を満たす透明でゼリー状の組織)に、何らかのきっかけで「濁り」が生じると、その濁りの陰が網膜に映り、目の前に見えているような状態をもたらします。これが飛蚊症の実体です。

飛蚊症になったらご受診ください

飛蚊症は自覚症状に乏しく、痛みも無いことが多いので、大したことはないと考え、放置してしまうことが少なくありません。確かに飛蚊症の大半は放置しても問題のないものなのですが、なかには網膜裂孔や網膜剥離などによるケースもあります。失明などの事態を避けるためにも、飛蚊症になったら、早めに診察を受けることをお勧めします。特に浮遊物の数が増えたり、見え方が変わったりしたときは要注意ですので、必ずご受診ください。