緑内障とは

緑内障のイメージ写真

緑内障とは、房水(目の中を循環する液体)によって保たれている眼球内圧(眼圧)が適正範囲を超えてしまうために視神経が障害され、目が正常な機能を保てなくなり、視野が欠けてくる疾患です。
ただし、なかには眼圧が正常範囲(10~21mmHg)であっても緑内障になってしまうケース(正常眼圧緑内障)もあるため、眼圧だけでは緑内障かどうかは判断できません。診断にあたっては、視神経の状態をきちんと調べることが不可欠になります。

40歳になったら一度検査を受けましょう

一度障害を受けた視神経は再生することがないため、緑内障は失明の危険さえ伴う非常に怖い病気と言われています。緑内障もやはり早期発見、早期治療が大切なので、40歳くらいになったら、一度眼科での検査をお受けになるよう、お勧めいたします。

緑内障の原因

緑内障の確かな原因は明らかにされていません。眼圧の高い状態が続くと、目の奥の視神経が障害されて緑内障となります。眼圧は21mmHgまでが正常範囲とされていますので、これを超えるような眼圧が続くと、視神経が障害される可能性が高くなります。
しかし、眼圧が高くない人にも緑内障が少なくなく、そのため眼圧以外にも緑内障の原因があると考えられています。視神経が弱い、血流が少ない、免疫異常など、いろいろな原因が挙げられていますが、確実な証拠が見つかっているものはありません。

緑内障の検査

問診・視診後に、下記のような検査を行うのが一般的です。

視力検査

緑内障が進行すると視力低下が現れますので、他の眼疾患と同様に、視力検査はやはり重要な検査です。

眼圧検査

眼球を外から押して、押し返してくる力を測定します。

眼底検査

目の奥(眼底)にある網膜・血管・視神経の状態をそれぞれ調べます。

視野検査

視野計を用いて、一点を注視した際に周囲に見える範囲を測定します。

光干渉断層計(OCT)検査

網膜(目の奥に広がる薄い膜状の組織で、光を感じ取る神経細胞が敷き詰められている)の断面を見て視神経繊維の状態を調べます。

隅角検査

隅角(角膜と虹彩の間にある房水の流出路)の状態から、緑内障のタイプを調べます。

緑内障の治療

まず薬物(点眼薬)による眼圧を下げる治療が行われます。点眼薬には、「房水の産生を減らす薬」と「房水の流出を促進させる薬」の2種類があります。眼圧が下がりにくい場合には、点眼薬を2~3種類併用することもあります。薬でうまく治療できないようなケースでは、レーザー治療や手術によって房水がよく流れるようにします。

緑内障のレーザー手術

閉塞隅角(房水の出口が狭い)で緑内障発作を招きやすい目には、予防的にレーザーによる虹彩切開術を施行し、開放隅角(房水の出口が広い)なのにもかかわらず、薬で眼圧が十分に下がらなかったり、視野異常の進行が止まらない場合は、線維柱帯(隅角にあるスポンジ状をした房水の流出口)にレーザーをあてることで房水の排出を促したり、手術で人工的に新たな房水の出口を作る治療を行います。

レーザー虹彩切開術

レーザー光線で虹彩(角膜と水晶体の間にある薄い膜)に小さな穴を開け、房水が流れるバイパスを作ります。純粋に閉塞隅角の問題による眼圧上昇であれば、眼圧は下がります。しかし時間が経過し、周辺に癒着が生じている場合は、このレーザー治療だけでは眼圧を下げる効果が十分に得られず、点眼などを追加します。それでも目標とする眼圧まで下がらないようなら、手術(線維柱帯切除術)が必要になります。

選択的レーザー線維柱帯形成術

SLTレーザー(ellex)

房水が流れる通路(シュレム管)の手前の線維柱帯にレーザーを照射し、房水の眼外への排出をスムーズにすることによって眼圧を下げるレーザー手術です。外来で点眼麻酔のみで行え、痛みはほとんど伴いません。しかし、この治療は、すべての人に効果的というわけではなく、大幅な眼圧下降も期待できません。また、術後数ヶ月以内に効果が失われてしまうケースもあります。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT:Selective laser trabeculoplasty)は従来のレーザー治療であるレーザー繊維柱帯形成術と比較し、安全性が高いため繰り返し実施することが可能です。
当院ではSLTレーザー(ellex)を導入しております。このレーザー装置の心臓部には、優れた耐久性と安定した出力を持つ新設計のレーザーヘッドを搭載し、正確で再現性のある治療を提供します。タンゴオフサルミックレーザーは、眼科の高度なレーザー治療に対応できる2波長のレーザーを供給し、緑内障レーザー治療(SLT)に対応しています。

緑内障手術

点眼治療、レーザー治療でも改善が難しいような進行性の緑内障には、手術以外に選択肢はありません。

線維柱帯切開術(トラベクロトミー)

目詰まりを起こしている線維柱帯を切開し、房水の排水効率を良くする手術です。 術後は一時的に眼内出血が見られ、いったん視力が低下しますが、ほとんどは数日で改善します。また、緑内障に対する別の手術である線維柱帯切除術と比べ、長期的な合併症が少なく、安全と言えます。しかし、眼圧の下がり具合は線維柱帯切除術に比べると劣ります。

線維柱帯切除術(トラベクレクトミー)

線維柱帯を一部分切除して結膜の下にバイパスを作成し、そこから房水が流れるようにして眼圧の低下をはかる手術です。作ったバイパスを塞がりにくくするため、あえて傷の治りを遅らせる薬(マイトマイシン)を術中に切開創に塗布します。こうすることで治療効果の維持が期待できます。しかし、眼圧が下がり過ぎると視野狭窄が進んでしまうこともあるため、切開創はきつめに縫合します。また、術後は定期的に眼圧を測定し、眼圧が上がっているようであれば、切開創を縫合した糸をレーザーによって切除し、房水の流れを調節することで眼圧をうまくコントロールします。