眼鏡をつくる際にはまず眼科を受診

コンタクトのイメージ写真

「視力が落ちてきた」「眼鏡が合わなくなった」と思ったときに大切なのは、まず最初に眼科で検査を受けることです。
視力低下やおかしな見え方が、近視、遠視、乱視、老眼(老視)といった屈折異常によるものなのか、それとも他の目の病気のためなのかは、眼科専門医でなければ診断できません。眼鏡をつくる際には、まず眼科へ行き、自身の目の状態をきちんと診察してもらうことが肝心です。

眼鏡の処方にあたっては、目の状態だけでなく、仕事を含む生活背景や年齢、顔貌の個人差などにも配慮いたします。そのため、検眼テストには、少々時間を要しますので、時間に余裕をもってご来院ください。また、現在ご使用の眼鏡がありましたら、必ずお持ちください。

眼科医の処方が必要

コンタクトレンズは薬事法で「高度管理医療機器」に指定されており、眼科医に処方してもらう必要があります。
コンタクトレンズは目の黒目部分(角膜)に直接的に接触するものですから、不適切なレンズを装用したり、間違った使い方をすると、角膜に傷がついたり、酸素が十分に供給されなくなったりして、様々な目の病気にかかる可能性が出てきます。
また、コンタクトレンズは目の状態によっては、装用できない方もいらっしゃいます。ドライアイや結膜炎などの患者様は装用できませんし、目の発育途上にある小学生が装用すると、思わぬ影響が出る可能性があります。
コンタクトレンズをご購入になる際は、必ず眼科医の診察を受けましょう。そして、ご自身の目に適したコンタクトレンズを処方してもらい、正しい取り扱い方法の指導を受けてから、実際に使用します。また、定期的(3ヶ月に1回くらい)に眼科で検診を受けるようにしてください。

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズは大きく分けて、「ハードレンズ」および「ソフトレンズ」の2種類があります。ご自身に合ったものを選び、眼科医の指導のもと正しく装用しましょう。

ソフトコンタクトレンズ

水分を含む素材でできていて、その名の通り軟らかいので、初めての方にも装用しやすいタイプです。この装用感の良さが特長です。また、レンズがずれにくいため、スポーツをする方にも適しています。1日使い捨てタイプ、2週間交換タイプ、1ヶ月交換タイプ、長期間使用するタイプなどがあります。

ハードコンタクトレンズ

黒目(角膜)よりもやや小さいサイズで、素材に水分を含んでおらず硬いため、人にもよりますが装用に慣れるまでに時間がかかる(1~2週間くらい)ことが多いようです。しかし、酸素透過性が高いことから安全性に優れ、また目に異常(角膜障害など)があった際に気づきやすいため、大きなトラブルを招きにくいのが特長です。