白内障とは

白内障のイメージ写真

眼のレンズの役割を果たしている水晶体は、そもそもは透明であり、光をよく通します。しかし、主に加齢によって水晶体のたんぱく質(クリスタリンタンパク)は変性し、徐々に白く濁ってきます。この状態を「白内障」と呼びます。
白内障の患者さんはたいへん多く、早ければ40歳頃から発症し、80歳を超えると、程度の差こそあれ、ほとんどの人が白内障の状態にあると言われます。
なお、加齢以外の原因としては、全身性疾患(糖尿病など)、薬(ステロイドなど)の副作用、外傷、紫外線、喫煙などが挙げられます。

白内障の症状

白内障は、初期の段階では自覚症状に乏しいケースが多く、したがって自分では気づきにくいものです。しかし、病状の進行とともに下記のような症状が見られるようになってきます。こうした症状を覚えたら、一度ご受診ください。

  • 目が霞んで、辺りが白く霧がかかったように見える
  • 明るいところでは、かえって目が見えにくい
  • 太陽光や街灯、車のヘッドライトなどの光をひどく眩しく感じる
  • 視力が低下して、小さな文字が読みにくくなる
  • メガネの度が急に合わなくなる など

白内障の検査

問診・視診後に、下表のような検査を行うのが一般的です。

視力検査

裸眼視力および矯正視力をそれぞれ測定します。裸眼視力が悪くても、矯正視力が良ければ、それほど白内障の心配はありません。しかし、レンズを装着した状態で測る矯正視力が落ちているような場合は、白内障や何らかの網膜障害を疑います。

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査

細隙灯顕微鏡という特殊な検査機器を用い、斜めの方向から目に光を当ててから目を拡大して詳細に観察します。水晶体の状態を詳しく調べられるため、白内障の診断には欠かせない検査です。白内障にかかっている場合には、水晶体の濁りやその程度がよくわかります。

白内障の治療

経過観察

症状が軽度で日常生活に支障が無いようなら、経過観察をしながら、水晶体のたんぱく質の変性を阻害して白内障の進行を抑える目薬による治療を行ったりもします。

手術療法

白内障の症状が進み、日常生活に困難を覚えるようになったら、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れる手術が検討されます。手術では、まず白く混濁した水晶体を超音波白内障乳化吸引術という方法(専用の器具から超音波を出して水晶体を砕き、シャーベット状にして吸引する)で取り除きます。この時に、水晶体を包んでいる袋(嚢)の後ろの部分を残しておきます。この水晶体後嚢に眼内レンズを埋め込みます。基本的に局所麻酔下で行い、通常の手術時間は5分くらいです(個人差があります)。

ただし、同じ白内障でも、患者様によっては、水晶体の支えがもともと弱く、他院で難しい白内障で手術ができないと言われたり、白内障手術をしたが眼内レンズが入らなかったり、見え方が悪いと感じる患者様はぜひ当院を受診して下さい。
その様な場合でも、当院では硝子体手術装置を使用して眼内レンズを適正に配置させていただくことで、見える質の向上に寄与致します。
※当院では、白内障の「日帰り手術」を行っております。